5.26.2012

蟲文庫 @倉敷

GWに倉敷に行った。
久しぶりの晴れということもあって、駅側から続く商店街を抜けると、通りは人であふれている。 新しいお店ができていると思ったら、倉敷意匠計画の直営店だった。店内にはギャラリーもあって、思わず手にとってしまう雑貨でいっぱい。普段、雑貨屋さんに足を運びそうもない年配の方も結構いて、さすが観光地だなあと思う。ぐるりと回った後で、お目当ての蟲文庫に向かう。この通りをまっすぐ進むと、左手に見えてくるのだ。
蟲文庫に伺うのは3回目。岡崎武志さんの「女子の古本屋」でも紹介されている古本屋さんで、友達に連れて行ってもらったのが最初だった。
観光客でにぎわう通りから一歩お店に入ると、静かで穏やかな、それでいて誰も乱すことができない濃密な空気で満たされた場所が待っている。時間の流れを忘れてしまうような空間で、本とじっくり向き合い出合うことのできる贅沢よ!ああ、地元の人がうらやましい。 本を何冊か選んで、お会計していただくところで、店主の田中さんにご挨拶。時々お手伝いしている西荻ブックマークのイベント(6月2日)で、ひぐらし文庫の原田さんとトークしていただくのだ。田中さんの著書「私の小さな古本屋」の中で聞いてみたかったことや、木山捷平文化圏(!)など、お忙しい中お話していただいいて、ますます来月のイベントが楽しみになる。田中さんの人柄がお店の雰囲気にそのまま表れているなあと思った。 ふと、帳場を見ると、亀さんがひょこひょここちらに向かってくる。あまりに可愛らしくて、写真撮影の許可をいただく。もうちょっとで段差のヘリ、危ない!どきどきしたのも束の間、さっときびすを返すと(?)、颯爽と去って行かれた!(下の写真がそうです。) お店の中がお客様でいっぱいになってきたところでお暇。また一つ、帰省する際のたのしみができた。


*********

6月2日の西荻ブックマークの詳細はこちら
お時間がある方、ぜひいらしてください!


5.21.2012

his purr

I miss Juu. just wanna cuddle him...
猫ぶそく中。口内炎もそのせいか・・・。

5.17.2012

Moonrise Kingdom



Moonrise Kingdom by Wesley Anderson

Can't wait to see this film! The official site is so lovely!
拡声器で会話する映像を見て、『トリュフォーの思春期』に「お腹すいたー!」と窓から叫ぶ女の子がいたなあ、なんて思ったら、フランソワーズ・アルディの曲が流れてきた。日本公開は来年?たのしみ!

5.15.2012

第63回西荻ブックマーク のお知らせ

2012年6月2日(土) 

 

「わたしとお店とその日常 女性店主トーク」 


ひぐらし文庫/原田真弓×蟲文庫/田中美穂 

会場:こけし屋別館2階
開場 17:30/開演 18:00 
★ 開場/開演時間が通常回と異なりますのでご注意ください ★ 
料金:1500円
定員:100名
要予約

第63回のご予約はこちらから 

古本を扱う女性店主のトークはブックマーク初!2011年10月刊行『本屋は死なない』(石橋毅史・新潮社)で取り上げられた「ひぐらし文庫」の原田さんと、『苔とあるく』『わたしの小さな古本屋』の著作を持つ「蟲文庫」の田中さんが語り合います。 開店から現在までの苦労と喜び、けっして楽とはいえないお店経営の日々において出会った人やモノなど についてたっぷりと。 開店から18年を経た蟲文庫と、雑司ヶ谷で3年目を迎えたひぐらし文庫のそれぞれの個性についても、楽しく迫ります。 そして、これからの時代に本を売っていくことや今後の希望について、お聞きします。

原田真弓(はらだまゆみ)
東京・雑司ヶ谷 ひぐらし文庫店主
大型書店に勤めた後
出版社の営業職を経て
2010年1月に新刊・古書・雑貨を扱うお店をオープン
http://www.higurasibooks.com/


田中美穂(たなかみほ)
岡山・倉敷 蟲文庫店主
会社勤めを経て 1994年2月に倉敷駅近くに古書店を開く
 2000年に美観地区に移転し 現在に至る
http://homepage3.nifty.com/mushi-b/




******
先日帰省した際に、蟲文庫に行ってきました。田中さんの横をひょこひょこ歩くカメさんがあまりにかわいくて、写真を撮らせてもらいました!近々アップします。

5.14.2012

いのくまさん

去年のゴールデンウイークと同様、香川県に渡って、猪熊弦一郎現代美術館に行った。今回の常設展は「ニューヨーク時代の作風の変遷」だったので、抽象的な作品や同じモチーフの反復に見えるような絵が多く、可愛らしい猫の絵が観たかった私には少し物足りなかった。企画展は「塩田千春 私たちの行方」。「・・・塩田はこれまで物に込められた人々の記憶、不在ゆえに強く感じる存在の感覚、怒りや不安といった感情に正面から向き合い、作品に展開してきました・・・本展では、近年、新たに取り組んでいる他者との関係における『壁』をテーマにした作品や、瀬戸内に面する都市という当館の立地条件に触発された船を使ったインスタレーションなどを出品予定。塩田の現在をご紹介します・・・」という説明を消化できるほどの作品がなかったのが残念だった。おもしろいなあと思ったのは、各国の子ども達にこの世に生まれた瞬間のことをインタビューしている映像と、ピラミッド型に積まれた使いふるされたトランクの山で、どちらも記憶に纏わるもの。ここ数年このテーマにひかれているような気がする(金井さん、写真論とか書いてくれないかなあ、なんて)。帰りに売店の図録を見て、他の作品も見てみたいと思った。塩田千春×チェルフィッチュの組み合わせでDVDもでていた。 帰りにもらったチラシで、絶対行く!と心に誓ったのが、猪熊弦一郎展『いのくまさん』。そごう美術館で7月26日から9日9日まで!あと、もしも行けるならば、9月23日までにもう一度、猪熊弦一郎現代美術館を訪れたい。なぜなら、「物物展」が見たいから。猪熊弦一郎×岡尾美代子×ホンマタカシだなんて・・・。

くいしんぼうメモ
・今回は高松にも足をのばしたのだった。まあまあのお味だった(結果的に)うどんが目的ではない。三越の地下を、目を光らせながらぐるぐる回ったのだ。そう、ニックナックを探して!けれど、とても残念なことに、ニックナックはただ今製造見合わせ(?)らしく、取り扱いがないとのこと(GW現在)。結局、最初に目に付いた辻利の抹茶ロール?を買って帰った。ニックナックに代わるお菓子はなかなかないのよね・・・。
あ、この三越の紙袋、デザインしたのは猪熊さんです!

5.12.2012

牡丹

庭の牡丹がとてもきれいで、何枚も撮ってしまった。周りに散っている白い点々はアメリカハナミズキの花びら。 英名は何だろうと思って調べると、辞書には「peony」とある。そうなの?最近いい香りだなあと思っている香水が、ロクシタンの「ピオニー」なのだけど、これは芍薬の匂いだったはず・・・。どうやら、牡丹も芍薬もpeonyというみたい。牡丹もいい香りがするかしら、と思って鼻を近づけたところ、甘い匂いはまったくしなかった。目で楽しもう、と思ったのでした。

5.10.2012

Jane Eyre


Want to see this! Because I'm currently reading Jane Eyre by Charlotte Bronte. I sometimes say I'm a bookworm or an avid reader of fiction, but to be honest, I've never read it..! Shouldn't use these words? It's quite riveting, so want more time to read it on the way to work in the morning. When I was talking about Jane Eyre with my mum the other day, she said it looked like Wuthering Heights (by Emily Bronte), especially in passion and sadness. I said It's because they are sisters? and she said what did you mean? ... She didn't know Charlotte Bronte and Emily Bronte are sisters! But she felt something impression from both books!

ジェーン・エア、早く観たい!

5.06.2012

What I found in the garden



*****
Holiday (called Golden Week in Japan) was over. It's nice to be back?
It's a bit hard to come back to REALITY !!!

5.05.2012

Merumo

I was surprised to see Merumo behaved as if she is a mother of Juu! I think she knows Juu is playful and still childish but sometimes he's pensive. She is affectionate.
メルさんがジュゥの母親代わり(年齢的には「おばあちゃん」ですが)のようなことをしていて驚きました。そうすべきときに叱ったり(唸っていた)、ハナちゃんからいじめられていたらかばったり、、、。メルさんはさみしんぼうのジュゥの頭をよく舐めてやっています。

5.04.2012

While it was raining

I took 9 days off and went back to my hometown, Hiroshima. But I was lazy and didn't feel like doing anything without one thing, Wii!! While It was raining, we spent playing BIOHAZARD on Wii!
連休の初めの方はほとんどが曇か雨で、カメラを持って出かけようという気にならなかった。本を読む元気もでないし、映画を観るのも(珍しく)しんどい。そんなとき助けてくれたのがWii。父がみんなが帰るというので用意してくれていた。プレステよりも操作が楽で、 ゾンビをたくさん倒しました(ソフト2本クリア!)。

5.03.2012

Botanical gardens#2

5.01.2012

zoo