7.30.2011

夏のカミナリ、本と音楽。

夏になると読みたくなる一冊。梨木香歩の「家守綺譚」。土と雨とカミナリの「匂い」で覚えている本だからかもしれない。タイトルには全て植物の名前がついている。
サルスベリ、都わすれ、ヒツジグサ、ダァリヤ、ドクダミ、カラスウリ、竹の花、白木蓮、木槿、ツリガネニンジン、南京ギセル、紅葉、葛、萩、ススキ、ホトトギス、野菊、ネズ、サザンカ、リュウノヒゲ、檸檬、南天、ふきのとう、セツブンソウ、貝母、山椒、桜、葡萄
亡くなった友人の家の守をすることになった主人公がその家で体験した記録、という体裁を取っている。イメージがイメージを呼ぶ物語。「白木蓮」では、『雷』が白木蓮に落ちて『蕾』をつける。結局それは白い△△で、再び空に昇っていく・・・。
こちら側とあちら側の境界線は最後の「葡萄」までははっきり書かれないし、主人公は異界のものを日常として受け入れているので、私もどこかにそういう世界があってもいいなあと思えてしまう。
実際の植物の姿を知っている人ならより楽しめる物語。カバーの雀の絵は神坂雪佳によるもの。そういえば、こないだ立ち読みした「ボタニカ問答帖」の語り口調がこの本とそっくりだった。影響を受けているのかもしれない。



PIZZICATO ONE 「11のとても悲しい歌
カミナリが鳴っているときにこのCDを聴いていて、なんだか泣きそうになった。本当に悲しくなってしまう。ワインを飲んでいたせいかもしれないけれど・・・。

7.27.2011

Hana 3





「あー、ハナちゃん。いいねえ。ゲジゲジ、おいしい?食べちゃいけんよ」 と、この瞬間、言ったのは私ではなかったかもしれないけれど、Sさんの同じように言うであろう(メガネの奥の目は一瞬にして細まるのだ)甘ったるい声はたやすく想像できてしまうし、それを今までに何度聞いただろうと、ふと思いだして、笑った。ねえ、H子さん、T子。

7.26.2011

Hana 2




モスバーガーのナンタコスは一年中販売して欲しいほど好きだけれど、昼休みに誰かと食べるものじゃない。なんにも気にせずに、一人で、思い切り、大きな口をあけて、食べたい。


映画メモ
・「白い肌の異常な夜(The Beguiled)」。女の(女たちの)こわさったら・・・。
・「super8」見に行ってよかった!子どもたちの冒険ものは好きだなあ。エンディングの曲はこれだったので、ノリノリで劇場をでました。M M M My Sharona…

7.25.2011

Hana


Hさんの腕の中にいるクマの子。

7.21.2011

Pretty in pink



子どもの頃、ピンクは嫌いな色だった。いかにも「女の子」っていう感じがどうも苦手だった。ピンク色のものはねだらなかったし、母も買い与えなかった。もし、ピンク色について聞かれたとしても「くらくらして、ぼんやりしちゃうの。天国にいるみたいにね!」とは絶対に答えていない。
今ではピンクの服を選ぶことも結構あるし、そんな偏見は持っていない。ただ、何もかもピンクに染まっている女の子の部屋をテレヴィで見ると、ゲっとはするけど。


How do you feel about the colour Pink?

1918年のThe Ladies' Journalというイギリスの?雑誌のある記事によれば、女の子に一番ふさわしい色はピンクではなくてブルーだと考えられていたらしい。ソースはここ
ブルーのワンピースを来た女の子といえば、アリスが思い浮かぶけど、いつからアリスの「ブルーのワンピース」のイメージは定着したんだろう。ジョン・テニエルが挿絵を描いたとき(1865年)、彼の頭に「ブルーのワンピース」 はあったのかなあ。


私の持っているPinkメモ
・「プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角
・ 「ブック・イン・ピンク―おしゃれ古本ガイド

7.19.2011

うみ

7.16.2011

夏とタヌキとE.T.



KちゃんがSのRで映画のことを話すというので、オススメを聞かれた。普段ほとんど映画を見ることのない人に自分のオススメを話すのは難しい。その日、寝るときに思い出したのが「旅するジーンズと16歳の夏」だった。これならまず大丈夫だろうなあと思った。次の日。「夏休みの間、少女たちはそれぞれ成長していくのよ・・・」Kちゃんはタイトルをメモしながら話を聞いてくれる。「あと一つ、ゾンビランドもいいよ」「ゾンビは・・・ちょっと・・・一般的じゃないというか・・・好みもありますしね・・・」Kちゃんはメモした付箋をさっとしまって、仕事に戻ってしまった。

「庭にタヌキのフンがありました」とYさん。
タヌキがでるなんて本当かどうか怪しいけれど、私も変わった光景を見たことがある、(家のすぐ近くの)アノ道路で、ネズミが居眠りしているのを見かけたし、同じ道で巨大な牛ガエルを蹴ったことがある、△△の横の道では亀の散歩をさせている人を目撃したことがあると言ったら、それは作り話ですよね、と言われた(今思い出したけれど、片目だけが緑色にギラギラ光っているカラスににらまれたこともあった)。すべて、本当です。Yさんと私の家はスキップでいける距離なのだ。
タヌキは同じ場所でフンを繰り返す習性があるらしい(ためフンと言うのだとか)。こんなサイトもあった。やっぱりタヌキはこの近くにいるのかもしれない。けれど、夜歩いていると猫を見かけない方が珍しい猫過密地域なのに、タヌキはどうやって生き抜いているのだろう。「猫とどちらが強いと思いますか?」という質問にはやっぱり「猫」と答えてしまう。

「E.T」ではなく「E.T.」なのだった。新たにデジタル処理がされたヴァージョンを見る。なんとなくしか覚えていなかったけど、改めて見返すとこんな話だったとは!の連続。E.T.カワイイ。キモカワっていうところ?エリオット(主人公の男の子)の「驚く」演技がうまい。妹役はドリュー・バリモア。途中から涙が止まらなかった。見てよかった。


ニュースで見たメモ
・イソトマに毒があることを初めて知る。花言葉も「猛毒」!

7.11.2011

ツユアケ




いつの間にか梅雨明け。

すでに夏バテぎみなのか、集中力がきれているせいか、Kの言うことが右から左へラジオを聴くように流れていく・・・。炭素税が・・・日曜日に・・・launchサレタ・・・炭鉱が・・・インドネシアが・・・X-MEN・・・EX-MEN・・・?・・・NO・・・!

前髪に初めてパーマをあててみたのだけれど、なんだか鏡を見たくない。美容師さんいわく「おまじないくらいだから大丈夫」だったはず。

近所のヴィデオ屋のフェアに乗って、今まで見たことのない旧作を借りる。「Sting 」(ロバート・レッドフォードの「Barefoot in The Park 」も見たい)「Zoolander」(ウィル・フェレルは結構好き)「The Hitchhiker's Guide to the Galaxy」(アラン・リックマンは好き)「Annie Hall」(途中で止めて洗濯をしてしまい、そのまま返却・・・。「Midnight in Paris」は劇場で見たい)。あと、「Super 8」の予習として見返したいのが「E・T」。ユニヴァーサルスタジオでE・Tのアトラクションに乗る子どもたちは、果たして映画を見たことがあるのかしら?(後で調べたら、この乗り物は終了していた!)

地震の後初めて友人達と会って、赤い輪ゴム、もやし、バズーカ砲、大きなチョコレエト、嫉妬にまつわるLove-Hate Relationship についての話を聞く。過ぎたことは結構笑い話になるものだなあと思う。笑って話せるのだから良かった。集まったのは焼肉屋さん。とっても美味しかったけれど、ニュースを見て怖くなった。どうして、こういうことが起こるのだろう・・・。

7.07.2011

drip drip sound


ボタボタよりもベトベトよりモゾモゾよりも「オレ様オッサン」がうっとうしいわよね

7.03.2011

メモワール



去年、展覧会を見たときに買っておけばよかったとずっと後悔していた「古屋誠一 メモワール.展」のカタログ。
どうしても欲しくなって、写真美術館に問い合わせてみると、完売とのことだったのだけど、あきらめきれずネットで検索していると、熊本市現代美術館にはまだ在庫があることが分かった。すてき!

T-tyを誘って1000¥DayにX-MENを見た。かわいくて(「About a Boy」の)色気のあった(「A Single Man 」の)ニコラス・ホルトから「美貌」が消えていた気がする。でも、最期まで楽しめた。T-tyは「超能力の話だと聞いてたから、ピストルでてきたときは顔をそむけちゃったけど、ちゃんと超能力の話になったからよかった」と感想を述べた。映画の始まる前、これから見る映画について、一切話をしていなかったことに気づく。帰りにヴィデオ屋に寄って、X-MEN2とX-MENファイナルディシジョンを借りた(最初のをこないだ初めて洋画劇場か何かで見た)。マカヴォイのその後なのだと思うと、プロフェッサーのあの最期はちょっといただけない。消化不良をおこす。

阿佐ヶ谷に新しくオープンしたコンコ堂へ、Kさんと行ってみた。西荻の音羽館で働いていた方がやっている古本屋さんだけあってすてきな品揃え。ジャンル分けがしっかりしてあって、あれもこれもと手が伸びる。女性作家ものが充実していた。金井美恵子の「迷い猫あずかってます」と「あかるい部屋のなかで」を購入。他にも欲しい本が・・・。



NHKスペシャル「広がる放射能汚染」を見ているのだけど、、、、、、
T子とbeibiはこのまま向こうに住むほうがいいのではないかという気がしてきた・・・。
日本もロシアのように、食品の検査を徹底してやるべきだと思う。

7.02.2011

こけしさん

 こけし祭りのときの写真。
 こけしさん、お地蔵様みたいだなあ。