6.28.2009

カブト××

見た目が怖いものベストファイヴの生き物をあげるとき、まず、まっさきに思い浮かんでしまうのは・・・

・・・カブトガニ!(カブトガニファンの方、関係者の方ごめんなさい)




「シャネルプラスワン」のマークをもつ岡山県笠岡市が誇る天然記念物。

笠岡駅を電車で通過するとき、うっかりあの剥製を見てしまったときの恐怖・・・。目を閉じても何故かギザギザが強調された茶色の大きなカタマリがしばらく目に焼きついてしまって離れない。しかも、見てもいないはずの裏側の手足?(その部分のリアル画像を見るのが怖くてあの部分がどうなっているのか調べれられない)のイメージがますます私を恐怖に陥れる。
そう、何といっても、怖いのは裏側!
あの剥製は今もまだ飾ってあるのかしら?

小学生の頃に確か遠足か何かでカブトガニ博物館へ行った記憶はあるのだけど、公園に突然姿を現した恐竜たちを見た記憶しか残っていない。その頃は怖がっていなかったように思うし、近所の田んぼの中にいたカブトガニによく似た敏捷な小さな生き物(あれは一体何かしら)を捕まえて無邪気に遊んでいたこともあった。それなのに、気づけば・・・。

けれど、ある本このようなゆるキャラが生まれていたことを知ってびっくり。名前はカブニ君!ゆるキャラブームに便乗して生まれたのかと思いきや、公式HPによると1988年にデザインと愛称を募集して選ばれたそう。ゆるキャラ選手権にも我らがブンカッキーと共に出場してるし!






カブニ君はゆるキャラゆえのちょっとドンくさそうなところや、大まかな特徴を表しながらも曖昧さをもったシンプルな作りのゆるキャラだ。かわいいとはちょっと言いがたいが。。。カブトガニの手足?が阿修羅、いや千手観音のように表現されていないのだから安心して見ていられる。

カブニ君は大きなおめめと真っ赤なお口でスマイルを絶やさない。振り返った瞬間にこう言うのだ。「ほら見て。だいじょうぶ。みんなが怖がっている部分はボクのどこにもないじゃろ?」と。けれど彼を見て一安心している人にこっそりこう付け加える。「でもね、本物にはアレあるけえ。驚かんでね!」



カブニ君のページを見ると、新たなパートナーの誕生を匂わせている。夏に登場予定だそうだからそろそろ発表なのかも。名前もまだ伏せられたまま。
・カブコ?
・カブミ?
・カブエ?

カブニ君のページを見るのが精一杯なので、今回もカブトガニの生態がよく分からないままで終わったけれど、これからもよく分からないままでいる可能性は高い。

このようなワタシタチをどこまで変えれるか。
それが君達の使命だよ。
頑張れカブニ君!カブコちゃん!(仮に名づけさせていただいた)


最後に。
ツールバーにあるグーグルで「カブトガニ」の検索かけると、一体何が候補であがってくるか。どっひゃーーーな結果。「カブトガニ 味」「カブトガニ 料理」「カブトガニ 食用」

・・・。・・・絶句。

興味のある方はどうぞそのまま未知の世界にお進みくださいませ。